騒音体験談27 上の部屋から一日中続く騒音

騒音体験談27 上の部屋から一日中続く騒音

ハンドルネーム、ゆきさん(50代女性)から騒音体験談をいただきました。

 

騒音体験 内容

【 騒音被害をうけた物件タイプ 】:
木造1階

 

【 騒音元(上・隣など)どんな家族 】:
上の階上 若い強気なご夫婦

 

【 どんなタイプの騒音 】:
奥さんは 外また足の指を上に向けてかかとからどしんどしん。
多動で一日2万歩家の中で休みなくドシンドシン。
旦那は ガニ股力強く高さがあり凄まじい音量振動で速歩き走り回り。
時間は朝5時半から〜次ぎの日の1時50分連続。
夜中に雨戸開け閉め、2階から水をバシャバシャおとす。
床を拳で叩き続ける。大声。
ドシンドシン酷くて休むことも眠ることも出来ない。
おそらく私のであった加害者がどの方にもまして最悪なタイプと思います。

 

【 騒音に対しての対策・行動 】:
管理会社へまず連絡。解決は無理
加害者は普通の生活してますからといい、変わらず。嫌がらせ音わざと深夜ほど力の限りの踏みつけ大音量歩きをされた。

 

ノートに時間、音の性質、様子、私の体調を書き込んで証拠とした。管理会社提出、大家さんにも詳しく話すそうだ。加害者の立退きを視野に入れたということです。

 

【 どうやって解決したか・もしくは現在の状況 】:
住んだのはまた70日。まず娘のところに泊まりに行ったり、カラオケ屋で避難して眠ったり。振動で頭がぐらぐら、鼓動がどくんどくんくる。身体は弱っていくしか頭がおかしくなる。
今、次ぎの引越し先を見つけたところです。
明日は病院で診断書をもらい警察へ…行きたいと計画しています。
とにかく眠りたい、休息したいです。

 

【 その他何かありましたらどうぞ 】:
今の日本の現状では被害者だけに負担が大きすぎる。生活できないレベルなら加害者を簡単に立ち退かせる法律が必要ですよね。
命が大事なので引越しを決断しました。

 

ゆきさん体験談ありがとうございました。

 

壮絶な騒音被害ですね。

 

本当に日本では、騒音を受けた側が我慢するしかない状況が納得いかないですよね。

 

大げさじゃなく自分の命を守るために、と引越しを決断されたゆきさんの気持ちが痛いほど分かります。

 

私も最後のほうはもう普通の思考回路が出来ないし、ちょっと音がすると心臓がバクバクして冷静ではいられませんでした。

 

それがこんなに長時間ですものね。本当に大変でしたね。

 

悔しいですが、今、本当に平穏で同じマンションでも騒音など何もないところもある(通常の生活音ぐらいはもちろんします)ということをまさに実感しているので、ゆきさんも引っ越して落ち着いて生活できる日がもうすぐ来ると思うので、あとちょっと、ファイトです!

騒音生活から自分の身を守りませんか

不動産賃貸を探すなら、お部屋探しのエイブル

 

SUUMO(スーモ)の引越し一括査定なら電話番号入力が不要

SUUMOの引越し一括査定なら電話番号がいらないので、営業電話が要らない人におすすめ
page top