若年層 中古住宅購入支援 最大65万円

MENU

若年層 中古住宅購入支援 最大65万円

中古住宅 補助

中古住宅を購入してリフォーム工事や耐震改修をした場合に最大65万円を補助する制度を創設する方針を国土交通省が2016年8月24日に決めました。
どんな内容になっているのでしょうか。

 

対象年齢

40歳未満

 

内容と補助金額

住宅の劣化具合を専門家に調べてもらう建物状況調査(インスペクション)を実施した上で、断熱性能の高い二重サッシを取り付けるなどのリフォーム工事をした場合、最大50万円を支給。耐震改修も実施すれば上乗せして最大65万円を補助

 

その他の年齢の人はどうなる?

40歳未満だけ?!とがっくりした人、安心して下さい。年齢制限のない支援制度も設けられます。

 

 

中古住宅を購入してリフォーム工事をした場合は最大30万円、同時に耐震改修も行えば最大45万円を補助する。
耐震化していない古い住宅を壊して建て替える際に最大50万円を支援する仕組みも設けられるとのことです。

 

詳しく知りたい人は国土交通省のHPをチェックしましょう。

 

ニュース内容

国土交通省は24日、40歳未満の若年層に限り、中古住宅を購入し、リフォーム工事や耐震改修をした場合、最大65万円を補助する新たな制度を創設する方針を決めた。

 

 マイホームを初めて購入したり、子育てを始めたりする年齢層である30代にターゲットを定め、中古住宅取引の活性化につなげるのが狙い。

 

 新制度では、住宅の劣化具合を専門家に調べてもらう建物状況調査(インスペクション)を実施した上で、断熱性能の高い二重サッシを取り付けるなどのリフォーム工事をした場合、最大50万円を支給。耐震改修も実施すれば上乗せして最大65万円を補助する。

 

 これに併せ、年齢制限のない支援制度も設ける。中古住宅を購入してリフォーム工事をした場合は最大30万円、同時に耐震改修も行えば最大45万円を補助する。耐震化していない古い住宅を壊して建て替える際に最大50万円を支援する仕組みも新たに設ける。 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000138-jij-pol


騒音生活から自分の身を守りませんか

不動産賃貸を探すなら、お部屋探しのエイブル

 

SUUMO(スーモ)の引越し一括査定なら電話番号入力が不要

SUUMOの引越し一括査定なら電話番号がいらないので、営業電話が要らない人におすすめ