ヤマハ 防音室

MENU

スポンサーリンク

ヤマハ 防音室

ヤマハの防音室はアビテックスといいます。
騒音被害で悩んでいたり、音楽をされている方は防音ルームについて一度は考えるのではないでしょうか?

 

アビテックスの特徴

アビテックスは単体としてきちんとした遮音性能を確保するため、ヤマハ独自の技術を床・壁・天井・開口部に採用
さらに、建物躯体との総合的な防音処理を行うことで、部屋全体として高い遮音性能を発揮。

 

アビテックスでは、各商品単体の性能としてDr30、Dr35、Dr40と3タイプの遮音性能を設定。
ニーズに合わせ、自由に選択できるようになっています。

遮音性能=Dr等級とは?

Dr等級とはJISで規定されている遮音性能をあらわす指標のこと。
防音室の性能はこのDr等級で評価されており、簡単に言うと、音を何dB遮音する(カットする)かということを表わしています。

 

例えばピアノの音は90〜95dBの音が出ますがDr35の防音室の中でピアノを弾くと、防音室の外へは55〜60dB程度の音になって聞こえることになります。
これは通常の話し声(60dB)程度の音が漏れ聴こえることになります。

 

かなりの音が漏れるのでは?と感じるかもしれませんが、防音室の外には、また建物の壁があるわけですから、例えばマンションの場合であれば、隣住戸への音漏れは30〜35dB程度になり、ほとんど音が漏れることはないとのことです。

 

 

ヤマハの防音室アビテックスの種類と価格

シリーズにより価格が変わります。

 

定型タイプの防音室
  • 管楽器などオススメのユニット 0.8畳、1.2畳、1.5畳 

    価格の例 504,000円〜1,365,000円

  •  

  • ピアノなどがオススメのユニット 2.0畳、2.5畳 

    価格の例 840,000円〜1,732,500円 1,260,000円〜1,942,500円

  •  

  • グランドピアノおすすめのユニット 3.0畳、3.5畳 

    価格の例1,029,000円〜2,047,500円 1,470,000円〜2,257,500円

  •  

  • ユニット 3.7畳、4.3畳 

    価格の例 1,333,500円〜2,310,000円 1,732,500円〜2,520,000円

 

定型タイプの防音室を例にあげさてもらいましたが、他にもあります

  • 自由設計の防音室
  • 定型タイプの防音室(不燃仕様)
  • 自由設計の防音室(不燃仕様)
  • 調音パネル
  • 防音ドア

 

また防音室を用途によって見積もれる防音室見積もりシュミレーションがHPにあるので試してみてくださいね
http://jp.yamaha.com/products/soundproofing/simulation/

 

 

防音室の体験会

2012年5月12日〜13日
ヤマハサウンドプランニング高輪(東京) 防音体験会

 

2012年5月26日〜27日
ヤマハピアノシティ東山(名古屋) 防音体験会

 

最新情報は公式HPへ
http://jp.yamaha.com/products/soundproofing/

騒音生活から自分の身を守りませんか

不動産賃貸を探すなら、お部屋探しのエイブル

 

SUUMO(スーモ)の引越し一括査定なら電話番号入力が不要

SUUMOの引越し一括査定なら電話番号がいらないので、営業電話が要らない人におすすめ

ヤマハ 防音室関連ページ

騒音のないマンションの選び方
騒音のない賃貸マンション・分譲マンションの物件選び方やコツ。
防音マンション・防音室
防音マンション、ピアノや楽器可の音楽賃貸や防音室付きの賃貸マンション。本当に静かなの?